ホーム > 海外渡航歴: Oversea Research

海外渡航歴

【2017年9月末時点】

宮本真二:「トルコ共和国,シリア・アラブ共和国」,文部省科学研究費,重点領域研究「文明と環境」:計画研究「気候・植生の変遷と文明の盛衰」,研究代表者;国立国際日本文化研究センター助教授:安田喜憲),1992年10・11月.

 

宮本真二:「カメルーン共和国,ニジェール共和国」,文部省科学研究費,国際学術研究「サハラ南縁地帯における土地荒廃」,(研究代表者;東京都立大学教授:門村 浩),1993年8・9月.

 

宮本真二:「ネパール共和国」,文部省科学研究費,国際学術研究「ネパール・ヒマラヤにおける草地・森林利用に関する民族学的研究」,(研究代表者;国立民族学博物館教授:山本紀夫),1995年7・8月.

 

宮本真二:「オーストラリア」,私費,「堆積物の各種分析からみたサウスオーストラリアの森林破壊過程の復原と予測」,1996年2・3月.

 

宮本真二:「ネパ−ル王国」,東京地学協会研究助成「ヒマラヤ山脈東部における埋没腐植層の形成と環境改変」,(研究代表者;滋賀県立琵琶湖博物館学芸員:宮本真二),1997年8月.

 

宮本真二:「中華人民共和国」,文部省科学研究費,COE形成基礎研究費「長江文明の探求」,(研究代表者;国立国際日本文化研究センタ−教授:安田喜憲),1997年11月.

 

宮本真二:「アメリカ合衆国」,カメイ社会教育振興財団,「科学系博物館における環境教育に対する取り組みに関する海外先進施設調査」(全国科学博物館協議会),1998年1月.

 

宮本真二:「中華人民共和国」,文部省科学研究費,COE形成基礎研究費「長江文明の探求」,(研究代表者;国立国際日本文化研究センタ−教授:安田喜憲),2000年6月.

 

宮本真二:「インド共和国」,文部科学省研究費,若手研究B「自然環境の変遷と人間活動の対応関係の解明」(研究代表者;滋賀県立琵琶湖博物館研究部環境史研究領域・学芸員;宮本真二),2005年8月.

 

宮本真二:「台湾」,文部科学省研究費,若手研究B「自然環境の変遷と人間活動の対応関係の解明」(研究代表者;滋賀県立琵琶湖博物館研究部環境史研究領域・学芸員;宮本真二),2005年9月.

 

宮本真二:「レソト王国,ナミビア共和国」,文部科学省研究費,基盤研究A「南部アフリカにおける「自然環境−人間活動」の歴史的変遷と現問題の解明」(研究代表者;京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・助教授:水野一晴)2005年11・12月.

 

宮本真二:「ナミビア共和国」,文部科学省研究費,基盤研究A「南部アフリカにおける「自然環境−人間活動」の歴史的変遷と現問題の解明」(研究代表者;京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・助教授:水野一晴)2006年8月.

 

宮本真二:「バングラデシュ人民共和国,インド共和国」,文部科学省研究費,若手研究B「自然環境の変遷と人間活動の対応関係の解明」(研究代表者;滋賀県立琵琶湖博物館研究部環境史研究領域・学芸員;宮本二)2007年2・3月.

 

宮本真二:「大韓民国」,総合地球環境学研究所プロジェクト研究「東アジア内海の新石器化と現代化ー景観の形成史ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・内山純蔵),2007年3・4月.

 

宮本真二:「インド共和国」,総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー3大「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人),2007年7月.

 

宮本真二:「バングラデシュ人民共和国,インド共和国」,文部科学省科学研究費補助金基盤A「ブラマプトラ川流域地域における農業生態系と開発—持続的発展の可能性—」,(研究代表者:京都大学東南アジア研究所・准教授・安藤和雄),2008年2・3月.

 

宮本真二:「チュニジア共和国,ナミビア共和国」,文部科学省研究費,基盤研究A「南部アフリカにおける「自然環境−人間活動」の歴史的変遷と現問題の解明」(研究代表者;京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・助教授:水野一晴)2008年8・9月.

 

宮本真二:「インド共和国」,総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー3大「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人),2008年9月.

 

宮本真二:「バングラデシュ人民共和国」,文部科学省科学研究費補助金基盤A「ブラマプトラ川流域地域における農業生態系と開発—持続的発展の可能性—」,(研究代表者:京都大学東南アジア研究所・准教授・安藤和雄),2008年11月.

 

宮本真二:「ペルー共和国」,文部科学省科学研究費補助金基盤A「ペルー海岸地方における先土器時代殿の建築構造と自然災害に関する学際的研究」,(研究代表者:筑波技術大学・教授・藤澤正視),2008年12月.

 

宮本真二:「インド共和国」,総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー3大「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人),2008年12月.

 

宮本真二:「バングラデシュ人民共和国」,文部科学省科学研究費補助金基盤A「ブラマプトラ川流域地域における農業生態系と開発—持続的発展の可能性—」,(研究代表者:京都大学東南アジア研究所・准教授・安藤和雄), 2009年2月.

 

宮本真二:「インド共和国」,総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー3大「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人), 2009年3月.

 

宮本真二:「ネパール」,文部科学省科学研究費補助金(若手B)「アジア・モンスーン地域における民族移動に伴う「土地開発史」の再検討」(研究代表者;滋賀県立琵琶湖博物館・主任学芸員・宮本真二)2009年7月.

 

宮本真二:「バングラデシュ共和国」,文部科学省科学研究費補助金(基盤A)「ベンガル湾縁辺における自然災害との共生を目指した在地ネットワーク型国際共同研究」連携研究者(2009〜2013年度),2009年8月.

 

宮本真二:「インド共和国」,総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー3大「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人), 2009年9月.

 

宮本真二:「ミャンマー連邦」,文部科学省科学研究費補助金(若手B)「アジア・モンスーン地域における民族移動に伴う「土地開発史」の再検討」研究代表者(2009〜2012年度)2009年11月.

 

宮本真二:「インド共和国」,「ネパール」総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー3大「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人), 2009年12月.

 

宮本真二:「ネパール」総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人), 2010年3月.

 

宮本真二:「ラオス共和国」「ミャンマー連邦」「バングラデシュ共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金(若手B)「アジア・モンスーン地域における民族移動に伴う「土地開発史」の再検討」,(研究代表者;滋賀県立琵琶湖博物館・主任学芸員・宮本真二),2009年7-8月.

 

宮本真二:「インド共和国」,総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー3大「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人), 2010年9月.

 

宮本真二:「ブータン王国」,総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー3大「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人), 2010年11月.

 

宮本真二:「バングラデシュ人民共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金(基盤A)「ベンガル湾縁辺における自然災害との共生を目指した在地ネットワーク型国際共同研究」,連携研究者(研究代表者:京都大学東南アジア研究所・准教授・安藤和雄),2010年12月.

 

宮本真二:「インド共和国」総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー3大「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人), 2011年2月.

 

宮本真二:「タイ王国」,日本学術振興会,科学研究費補助金(若手B)「アジア・モンスーン地域における民族移動に伴う「土地開発史」の再検討」,研究代表者(研究代表者;滋賀県立琵琶湖博物館・主任学芸員・宮本真二)2011年6-7月.

 

宮本真二:「インド共和国」総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人), 2011年8月.

 

宮本真二:「ブータン王国」総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人), 2011年8-9月.

 

宮本真二:「バングラデシュ人民共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金(基盤A)「ベンガル湾縁辺における自然災害との共生を目指した在地ネットワーク型国際共同研究」,連携研究者(研究代表者:京都大学東南アジア研究所・准教授・安藤和雄),2011年11月.

 

宮本真二:「ミャンマー連邦」,日本学術振興会,科学研究費補助金(基盤A)「ベンガル湾縁辺における自然災害との共生を目指した在地ネットワーク型国際共同研究」,連携研究者(研究代表者:京都大学東南アジア研究所・准教授・安藤和雄),2012年2月.

 

宮本真二:「ブータン王国」総合地球環境学研究所プロジェクト研究「人間の生老病死と高所環境ー「高地文明」における医学生理・生態・文化適応ー」,(研究代表者;総合地球環境学研究所・准教授・奥宮清人), 2012年8-9月.

 

宮本真二:「バングラデシュ人民共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金(基盤A)「ベンガル湾縁辺における自然災害との共生を目指した在地ネットワーク型国際共同研究」,連携研究者(研究代表者:京都大学東南アジア研究所・准教授・安藤和雄),2013年3月.

 

宮本真二:「中華人民共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金,基盤研究C「アジア・モンスーン地域における土地開発の歴史的変容とその要因解明」,(研究代表者;岡山理科大学生物地球学部・准教授:宮本真二),(研究代表者).2013年8月.

 

宮本真二:「ミャンマー連邦共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金(基盤A)「ベンガル湾縁辺における自然災害との共生を目指した在地ネットワーク型国際共同研究」,連携研究者(研究代表者:京都大学東南アジア研究所・准教授・安藤和雄),2014年1月.

 

宮本真二:「ケニア共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金,基盤研究B「東アフリカにおける「早すぎる高齢化」とケアの多様性をめぐる学際的研究」(研究代表者:長崎大学環境科学部准教授:増田 研),(研究分担者).2014年3月.

 

宮本真二:「エチオピア連邦民主共和国」,日本学術振興会.科学研究費補助金,基盤研究B「東アフリカにおける「早すぎる高齢化」とケアの多様性をめぐる学際的研究」(研究代表者:長崎大学環境科学部准教授:増田 研),(研究分担者).2015年2-3月.

 

宮本真二:「ネパール連邦民主共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金,基盤研究C「アジア・モンスーン地域における土地開発の歴史的変容とその要因解明」,(研究代表者;岡山理科大学・生物地球学部・准教授:宮本真二),(研究代表者).2016年11月.

 

宮本真二:「ミャンマー連邦共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金,基盤研究A(海外)「アジアの在地の協働によるグローバル問題群に挑戦する実践型地域研究」(研究代表者:京都大学・東南アジア研究所・准教授:安藤和雄),(研究分担者).2017年1月.

 

宮本真二:「ネパール連邦民主共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金,基盤研究C「アジア・モンスーン地域における土地開発の歴史的変容とその要因解明」,(研究代表者;岡山理科大学・生物地球学部・准教授:宮本真二),(研究代表者).2017年2月.

 

宮本真二:「ミャンマー連邦共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金,基盤研究A(海外)「アジアの在地の協働によるグローバル問題群に挑戦する実践型地域研究」(研究代表者:京都大学・東南アジア研究所・准教授:安藤和雄),(研究分担者).2017年2-3月.

 

宮本真二:「ネパール連邦民主共和国」,日本学術振興会,科学研究費補助金,基盤研究C「アジア・モンスーン地域における「土地開発史モデル」の構築」,(研究代表者;岡山理科大学・生物地球学部・准教授:宮本真二),(研究代表者).2017年8月-9月.

 

ページの上部に戻る