ホーム > 研究業績: Academic Achievements > 紀要等

紀要等

宮本真二(1994):福井県蛇ヶ上池湿原における花粉分析学的研究-晩氷期以降の植生変遷と気候変動-(要旨).立命館地理学,5,128.

Shinji Miyamoto, Yoshinori Yasuda. and Hiroyuki Kitagawa. (1996): Paleoenvironments in the Last Glacial Maximum around the Naka-Ikemi Moor, Fukui Prefecture, Central Japan. Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University, 31, 131-147.

Shuji Iwata, Shinji Miyamoto and Yoshihiko Kariya (1996): Deforestation in Eastern and Central Nepal. Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University, 31, 119-130.

宮本真二(1997)博物館における自然地理学の役割.立命館地理学,9,77-81.

宮本真二(2013):近江盆地東部,野洲川下流域平野における地形環境の変遷と遺跡立地.半田山地理考古,1,1-10.

宮本真二(2013):中池見湿原堆積物の花粉化石からみた最終氷期以降の植生変遷.地域自然史と保全,35,(2),95-102.

宮本真二(2013):袋状埋積谷としての中池見(巻頭写真および解説).地域自然史と保全,35,(2),表紙カバー・裏.

宮本真二・辻 広志・河合順之(2014)近江盆地南東部,野洲川下流域平野,五条遺跡における中世庭園成立期の植生変化.半田山地理考古,2,1-7.

宮本真二・上中央子(2015)濃尾平野,庄内川低地,平手町遺跡における地形環境の変遷と遺跡立地.半田山地理考古,3,1-7.

岡崎雄樹・宮本真二(2016)市町村合併による人口と生活圏の変化—岡山県北部,旧北房町を事例として—.半田山地理考古,4,13-18.

斉藤雅史・宮本真二(2017)鉱山閉山による生活圏の変化—岡山県,旧柵原町を事例として—.半田山地理考古,5,13-20.

内野慎太郎・宮本真二(2017)近代以降の岡山の浸水域の変遷とその変容.半田山地理考古,5,21-26.

ページの上部に戻る